お悩み解決Q&A

Q,約束に取引時間になっても相手が現れません。お金は振り込んであるのですが詐欺ですか?
すぐにでも警察へ行った方がいいでしょうか?
A,約束である取引時間になっても、相手が現れないなどの状況に遭遇してもすぐに詐欺にあったと思わないようにしましょう。詐欺と思い込んでしまうと、待っている間にも知らずに余計な労力を使ってしまうことにもなりかねません。まずは落ち着いて、今現在どういう状況になっているのかを自分に問い合わせるところからはじめましょう。また、所定の取引時間になっても、最終的に取引ができていない場合は問い合わせる前に下記の点を今一度確認してください。
決済が正常に完了しているか再確認する
銀行振込の場合などは、振り込んだ際の振込表などと事業者側から提示された振込先などを今一度よく確認し、振込先の口座番号や名義の誤入力の有無、注文時に記載した振込名義、または自分の名義に誤りがないかをよく確認しましょう。
もし万が一、間違いのあった場合には焦らずに速やかに事業者へ連絡の上、振り込みの際に利用した金融機関へ問い合わせます。また、各社各システムの決済方法によっては、決済確認までに多少なりの時間を要するものもあるため、あまりにも急を要する取引はかえってトラブルを招きやすいので、RMTが絡む際などには余裕を持った取引を心がけることが必要です。
サーバーのメンテナンス事項などがないか再確認
もしかするとゲームサーバー自体に何か不具合が起こってはいないでしょうか?これによる延滞も十分に考えられます。
ゲームサーバーのメンテナンスなどがないかの確認も再び行いましょう。
RMT事業者の対応時間や、休業日を再確認する。
事業者の営業時間外の時間を指定していないかどうかなどを再び確認しましょう。
当然ながら、当該日時が事業者の休業日であればゲーム内にも現れるはずもありません。
RMT関連のトラブルに巻き込まれないために
オンラインゲーム通貨や、アイテム及びアカウントを販売するとき、どうすればトラブルに巻き込まれず、迅速な取引をすることが出来るのか?など、これは事業者側の販売に関する基礎知識をこちらがはっきりと把握することで、トラブル回避に繋がります。
まず取引するにあたり、個人・法人を問わず個人情報開示は基本中の基本となってきます。その中でも、ウェブサイトを運営して、なおかつサイバー資産の販売買取を行っている場合などには特に、特定商取引法に基づく表記を記載することが法律で義務付けられています。

その内容というのは、名前(法人であれば法人名)や住所、電話番号、営業時間、定休日などの基本的な項目です。 尚、取引の手順を明確に示す事も双方にとって非常に重要となります。買い手が迷わないように手順を事前に明確に示すように心掛けている業者は安心できるといえるのではないのでしょうか。後は双方に関してお金が絡みますので、販売代金の表示は出来るだけ分かりやすく、なおかつ明快に表示されている業者を選びましょう。
消費税の表示や、振り込み手数料の負担の有無などをきちんと確認しておきましょう。