リアルマネートレードって何だろう?

通称RMTとは、「Real Money Trade(リアルマネートレード)」の略であり、これはインターネット内での不特定多数のユーザーが同時に一つのゲーム世界に参加してプレイするオンラインゲームの仮想世界において、そのゲ ーム内で使用しているの通貨を円やドルといった私達の現実世界の現金で取引することを言います。この取引を行うサービスの会社設立をして営業しているところもあるかもしれませんね。
RMTの市場は、ここ数年で驚くような急成長を遂げており、世界各国で急速に拡大しました。

また、近年では高性能コンピューター自体も非常に低価格で購入できるようになり、インターネット回線も高速化&低価格化が一般的にも進んできたため、インターネット人口が爆発しその硬化によってオンラインゲームの人気もRMTの需要も高まっているのです。
昨今、何故RMT市場が爆発的に膨らんだのか検証すると、それは時間的接面とオンラインゲームの魅力がほどよいバランス感覚で密接に関係していることが挙げられます。

RMTを利用する訳

通常だと、オンラインゲームは時間を掛ければ掛けるほどそれに比例して自ずとレベルも上がり所持金も増えていくといった傾向にあります。これは同様に同じ力の人が同じ時期にゲームを開始したとしても、普段の生活の大半以上をオンラインゲームに費やせる人の方が自ずともゲーム内通貨をより多く持てることになります。
逆に考えればオンラインゲームはある程度の時間やプレイヤーのレベル、ゲーム内通貨がないと存分には楽しめないともいえます。一般的に考えて、朝早くから夜遅くまで仕事に就いている方などは、オンラインゲームをプレイする時間が自然と少なくなるのは容易に考えられます。そのために、オンラインゲームの要素を十二分に楽しむことが非常に難しいのです。

RMTの利用

RMTの登場により、オンラインゲームをプレイする時間が実際あまり無い人でも、ある一程度のオンラインゲーム内通貨をRMTで簡単に購入することによって、ゲーム内で長い時間を費やしてお金を貯めなくともワンランク高い武器や防具、アイテムを手軽に手にすることが可能となったのです。
その結果、現実世界で仕事などであまり時間がないプレイヤーでもゲームを楽しむ要素にゆとりを持たせることができるようになりました。RMT登場の背景には、ゲーム内通貨をもてあましている人、ゲーム内通貨が不足している人の需要により登場したとされています。尚、RMTでのトラブルも多発しています。

RMTの行為は違法ではないのか?

RMTは、上記でも述べたようにオンラインゲーム会社が運営してるゲーム内での通貨を現実世界の現金で売買する行為です。現在これほど普及した日本のオンラインゲーム運営会社の半数以上でも、RMTを認めておりません。そのため、ゲーム会社に無断でゲーム内通貨・アイテムを売買しているのがRMTのウラの現状といえます。尚、RMTは将来的にも非常に大きな可能性を残しながらも、未だ未成熟な市場だけに法的に解決すべき問題が残されているのも事実です。
しかし、今現在での現状では法的処置を与えられた前例も特に無く、RMT市場はすごいスピードで大きく拡大し続けています。